teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 岡山大学吟詩部OB会関西LG掲示板(62)
  2. ぽろりっ(0)
  3. 全力全開(0)
  4. ぽろりっ(0)
  5. 返信ありがとう(0)
スレッド一覧(全5)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


セミの声

 投稿者:HT  投稿日:2017年 7月27日(木)09時32分44秒
返信・引用
  今朝も早くからクマゼミがシャーシャと賑やかに鳴いています。わが幼少の頃は、上に兄がぎょうさんおるんで、後をついての蝉取りが原点でした。竹でできた虫カゴに採ってきたセミ達を入れ、それらが囚われの身となった興奮から平安な環境にやっと慣れてカゴの中で鳴き出す時、最高の気分に浸れるのです。昔はどこにもあった木製の大きなタライで行水をしながら、ちょっと離れたところに吊るした虫カゴのセミの鳴き声を聞く、これが一番の幸せでした。
早く死んだセミは同じカゴの友達の餌となります。また幼虫を取るのも学びました。スコップなどで木の下あたりを引っ掻けば、ポコッと幼虫のいる穴が見つかります。小枝などでコチョコチョとすれば、大きな前足で反撃、枝をつかんできます。スッと引き上げればゲット。これでうまくいかなければ、お小水を入れることまで教わりました。もちろん家に持ち帰り蚊帳の中で羽化の一部始終を観察する、これは夏休みの恒例の行事でした。
ヤンマも仰山取りました。カゴに入れたのでは羽根が破れるから、手にヤンマの頭を挟みます。片手4匹までですが、もっと多ければ二列になります。時々ヤンマに噛まれて逃がしてしまうこともあります。痛いよ、噛まれたら、口大きいし。夜は濡れ雑巾に優しく挟んで保存しました。ところで皆さん、ヤンマ、どうやって取ってましたか?
答え「ヤンマは釣るんです」。銀ヤンマが主でしたが、畑などで彼らは縄張りを持って旋回しています。そこにメスの銀ヤンマを糸にくくって放ちます。旋回しているのはたいがいオスですから、空中でジャラジャラとなって落ちてきます。これは難易度1。メスでなくてもオスでもできます。その際糸につないだオスのおとりをビュンビュン回して、相手に悟られないように誘います。そしてジャラ、この時は素早く網をかけないと逃げられる。難易度2。次は死んだメスの胴体を生きているオスに履かせてオトリとして飛ばす、これ難易度3。
皆さんも少年少女時代のこと聞かせて!
 
 

李下(りか)に

 投稿者:HT  投稿日:2017年 7月24日(月)17時09分24秒
返信・引用 編集済
  今日も加計問題やらで国会閉会中の審議が行われていました。すべての始まりが首相のお友達の学校を新設できるように、皆で忖度し巧妙に取り計らったのでしょう。その辺の真偽は今日もはっきりしたとは言えず、それ以上はここでは控えますが、首相の答弁に何度も出てきたこの言葉、「まさに『李下に冠をを正さず』といいます。・・」。首相自らがこうした誤解を招くような行動をとったことも問題ですよね。いくらお友達とはいえ、昨年だけでも何回もゴルフをしたり、食事をしたりしているんですから。こうした場面でも一切大学新設の話はなかったというんですから、考えられませんね。じゃあ何を話したの?
余談ですが小生も、ずっと低次元ですがお客さんを飲みに誘うとかゴルフに招待するとか何回か経験しましたね。まずゴルフなどに誘って来てくれればしめたもの。むしろ逆に相手が誘ってくれれば100%、グッド。
ともあれ獣医師がほんとに不足しているのか、その辺のところがもっと知りたいですね。
蛇足かもしれませんが、この戒めの言葉の意味ですが、スモモの木の下で冠を正そうとすると、スモモの実を盗んでいると誤解されるから、そういうことをしないというたとえで、つまり「誤解を招くような行動はすべきでない」という戒めですね。スモモといえば先日教室でいただいたI上さん家のスモモ、完熟で美味しかったなあ。スモモは酸っぱい果実だと思ってたんです。ありがとうね。
 

昨日の日記から

 投稿者:HT  投稿日:2017年 7月14日(金)17時33分29秒
返信・引用
  7月13日(木)の定期練習会は連吟で優勝した二人の報告から始まりました。久々の挑戦で足がガタガタ震え演台に助けられたとか、発表が済んだあとも胃がキリキリ痛んだとか。とても聴いてる方には感じさせない堂々たるものでしたよ。何度も挑戦していてもドキドキはありますが、会場の人達は雑草が生えていると思えばいいし、審査の先生方なんかは石ころが並んどると思えばいいんじゃない?とはいえ一瞬その石ころと吟詠中に目が合うとまずいかもねえ。「あれ!音が狂っとる?誤読した?」なんて心配になるとまずいかも。
週替り講師はT塚先生でした。お題の絶句『金州城』についての思い出を話してくれました。地区の公民館で請われて詩吟を発表する機会があり、この詩を吟じて会場の人に喜んでもらったということでした。高齢の人なら誰しも詩吟のひとつやふたつは聞いたことがあるでしょう。この漢詩は乃木希典の作ですし、聞く人にも懐かしくまた心に響いたのではないでしょうか。
こうした機会は待っていてもなかなか来るとは限りません。施設などへのボランティア活動も考えてもいいのではないでしょうか。誰もが知っている漢詩もありますし、「清水宗治」「犬養木堂」「高杉晋作」など構成した演目がたくさんあるではありませんか。皆さんどうお感じでしょうか。(ちょっと真面目)
これはチャリティーコンを意識して書いたものではありません。
 

大雨の中

 投稿者:HT  投稿日:2017年 7月10日(月)09時33分12秒
返信・引用
  9日の競吟大会は、大雨の中行われました。幸い朝と夕方の帰りには雨に合わず、助かりました。
けいけいさん!会場からのアクセスありがとさん。久々の競吟への挑戦は大変エネルギーがいったのではと思いました。よく頑張られたと思います。それに結果がついて来たんだものね。多くの先生方からお褒めの言葉をいただきましたよ。Sさん、そんな胃痛を抱えていたなんて!自信満々でやってていいんだけどと思いますが繊細でしたのね。抜群の安定感でいつも通りの発表ができましたよ。
それでです、ワンツーかと思いきや、学生さんにいっちゃいましたね。あれほど心配していたことでしたがやはりとなりましたね。前列の先生方は、高音で若さ溢れる吟に弱いんだなあ。全体を聞いて欲しいなあ。情緒というか味わいというか、クジが悪かった。OさんYさんごめんなさい。
TさんNさんそれにIさん、和歌も頑張りました。結果は出ませんでしたが、堂々と発表できたこと、総楽支部をより強く印象づけてくれました。(この結果もヘン?!)
Hあさんの欠席でSさんも余儀なくされましたが、一日も早い復帰を待ちましょう。
けいさん、それにしても貴女は総楽の救世主ですね。2月に米帰りから復帰するや公開練習にHふさんの迷える心をワシ掴み、職場のSあさんの歌える気持ちを詩吟に誘い、お陰で教室は活気に溢れています。これからもよろしくね。
 

後期競吟大会会場にて 外は大雨!

 投稿者:けいけい  投稿日:2017年 7月 9日(日)13時37分58秒
返信・引用
  ただ今、最後の最上級の部の真っ只中です。
自分が済んだからというわけではないですが、久しぶりにこの掲示板にアクセスしたので、足跡を…

多分自分の中では、公式の競吟は、十数年ぶりの出吟です。緊張しましたが、相棒のSさんのリードのおかげで、気持ちよく吟ずることができ感謝です。
録音聞いたら、自分が気持ちよかった分、音が延びて間延びしてるところが気になりましたが、これを機会に精進したいと思います。
今後ともよろしくお願いします!
 

雨にも負けず

 投稿者:HT  投稿日:2017年 7月 7日(金)17時35分23秒
返信・引用
  自然の猛威にあ然とするばかりです。これまでの常識が常識でなくなっているのです。「これまでは大量の雨を降らせる積乱雲は、2000メートル級の山に当たって上昇気流に乗って上空に発生していた」のが、1000メートルでも発生したのですから。でも変ですよ、その山を乗り越えての向こうに大雨を降らせたんですよ。ちゃんと説明してよ。だからせいぜい「緊急避難指示」を出すぐらいしかないのでしょう、数十年に一度の大雨なんですから。
そんな中、昨日の練習会は思わぬ客人の訪問もあって、大変賑やかでした。W辺さん、遠いところよく来て下さいました。前にも書きましたが、長いブランクを乗り越えての再挑戦には心から敬服いたします。どうぞ時間の許す限りお越し下さい。掲示板の書き方ですが、文を書いて「確認」を押すと「認証コード」の付いた画面が出てきます。文に直しがなければその認証コードを半角に変えてそのまま記入、そして「投稿」ボタンを押せば完了です。自分の文は後からでも(カーソルを最下段に移動すれば)修正できます。お試しあれ。
O田さん、いつもハリのある強吟を聞かせてくれました。貴兄に一つ金棒が要るとすれば、それは先頭に立つということかな。人を押しのけてもですな。N尾さん、自信を持ってやればいいですよ。和歌は特にコブシは要らないから、音程を正確に辿るべし。それにしてもH原さんがお休みとは。一日も早い回復を!待ってますよ。
 

(無題)

 投稿者:HT  投稿日:2017年 7月 5日(水)09時20分47秒
返信・引用
  台風の接近に伴い、ニュースは各地の大雨に関する注意を呼びかけていました。ただこの地方はさほどでもなくちょっと拍子抜けしますね。これぐらい注意を喚起していないと、予想外の(想定外?)の被害が出るかも知れないものねえ。とはいえ九州に上陸するや、熊本県大分県のみならず北陸・信越・東北地方にも大雨の被害をもたらしました。台風が過ぎても晴れはお預け、しばし稲の生育を見守りましょう。
皆さんお変わりありませんか。ところがあのHあさんにアクシデントとか。ちょっとお休みされるそうな。早よ直して来てよ。6月が第5週あって先週の練習会がお休みだったので待ち遠しいね。この6日は一つ絶句をやって、競吟やら自由練習にしましょう。体調管理に気をつけて!
 

玉につなげて

 投稿者:HT  投稿日:2017年 6月30日(金)18時06分47秒
返信・引用
  いま暇に任せて読んでいる時代小説に、なんと漢詩が載っていました。
「・・銀漢 声無く玉盤を転ず・・」
さてHあ原さん、これはなんという詩でしょう。そうです。あなたの十八番、蘇東坡の「中秋の月」でした。ここに小説の内容は書けませんが、『銀漢の賦』という地方の藩の武士たちの生き様を書いて小説です。でこの詩の意味ですが、銀漢は銀河(天の川)で、音もなく玉(ぎょく)の皿のような美しい月が登ってくる。(そのあと)限りある人生、このような名月を明年はどこで看ることができるだろう、という意味になります。ちょっと時間がきてしまいました。(尻切れトンボ)
 

玉 とはね。

 投稿者:HT  投稿日:2017年 6月26日(月)10時28分12秒
返信・引用 編集済
  先週の練習会で「玉(たま)」は何か?が話題になりました。早速翌日M手さんから情報をいただきました。「艱難玉汝(かんなん なんじをたまにす)」。意は「艱難は汝を美しく立派にする」。どうですか、艱難辛苦があなた(または自分)を立派に美しくするんです。なんと!あのお騒がせな、「おい、ハゲー。お前はアホかー」と絶叫した、若さと美貌と明晰な頭脳をお持ちの国会議員さんがこの言葉を座右の銘にしていたんですって。東の大学やハーバー院までお出かけした割には、ひどい言葉遣いですね。ニュースのたびに、発した言葉が画面下に表示されるので余計気分が悪いです。私まで叱られているようで。ともあれ「玉」は美しいものということでしょう。
土曜日は岡山大吟詩部とOB会の錬成会でした。若い元気な吟に刺激をもらいました。で、W辺さんに再会できました。「峨眉山月」を発表されブランクを感じさせない落ち着いた吟でしたよ。ここから貴兄に呼びかけです。
総楽支部の研修の旅は、8月26日(土)、27日(日)で行き先は、高野山を主目的にしています。11月の鷺照吟詠会の集いに発表する、構成吟「石童丸」のための旅ということです。是非一緒しましょう。私たちは大歓迎です。高野山は皆さん行ったことはあるとは思いますが、一味違った旅になることでしょう。
そして平生の練習会は毎週木曜日19時から21時まで、総社市中央公民館でやっています。今週は第5週なのでお休みです。高島の練習会のない日に是非お越し下さいよ。
 

最近の明るいニュース

 投稿者:HT  投稿日:2017年 6月22日(木)11時35分17秒
返信・引用
  14歳の新人プロ棋士の連勝記録が話題ですね。何もかもがすごいなあと思いますが、感想を聞かれた時の言葉に驚愕しました。確か「僥倖(ぎょうこう)のようなもの」と言ったように思います。(内の新聞には掲載されていない)コメントの意味までテロップにありましたが、小生高齢にも関わらずその言葉を知りませんでした。
「僥倖」=僥は もとめる、ねがう。倖は 偶然の幸い。転じて①利や幸福を求めてやまないこと。②偶然の(思いがけぬ)幸い。③天子の行幸する所。(天子が行幸する地は、人々がその恩恵を受けることからいう。
と辞書にありました。この天才棋士は②の意味で言ったんでしょうね。謙虚ではないですか。「・・一喜一憂することなく、次に向け精進していきたい」。このコメントも素晴らしいですね。こんな難しい言葉がインタビューで発することができるとは、どういう生活や環境だったのでしょう。
さあ私たちも日々安穏としてないで、失礼!自分に言い聞かせている次第です。
 

レンタル掲示板
/34