teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


141218帯広の雪

 投稿者:取徳万象  投稿日:2014年12月31日(水)12時25分8秒
返信・引用 編集済
  めったにない寒波が来るということでした。

ライブカメラで十勝を見てみました。
 
 

140508カタクリの花

 投稿者:取徳万象  投稿日:2014年 5月 8日(木)01時14分25秒
返信・引用
  以前在職した時の上司が、退職後、カメラを始められました。
その作品の一覧を貰いました。

その中の1枚。2009年作品。

なお、岩手県の西和賀町はカタクリの花を町の花としていますが、
役場の人からの話では、今が、見ごろだそうです。

--------------
 

140430.朝4時、中桐万里子さん、NHK深夜便で話す

 投稿者:取徳万象  投稿日:2014年 5月 2日(金)07時15分44秒
返信・引用
   関西以西では、あまり縁がない二宮尊徳に、関東にきてからご縁ができて、
 ついには、国際二宮尊徳思想学会という会に関係するところまで進みました。
 想定外--人生の面白さです。

 その関係で、尊徳さんの子孫と友人知人になり、その1人が中桐さんという才媛です。
 その人が、NHKで話をしたということを後で聞き残念に思ってましたが、
 NHKが再放送をやってくれるというので、今回は、聞きました。

 ただ、この時刻が朝4時。目覚ましをセットして起きました。
 話の内容は、たとえ4時であっても、皆さんに事前に紹介しておくべきでした。
 後悔してます。

(1)NHKラジオ深夜便の案内
(2)伊勢崎での中桐さんの講演ポスター
  http://blogs.yahoo.co.jp/sakurajinyapoo/33979171.html から
(3)中桐さん、鈴鹿市で講演中。
  http://www.scs-3.org/news/news1_1022.html  から

***************

 

121126尊徳の孫が開拓した,北海道豊頃町の雪

 投稿者:取徳万象  投稿日:2012年11月27日(火)00時36分17秒
返信・引用
   寒くなりました。
 北海道、十勝地方ではマイナス10度になったという情報もあり、どういう風景か、気になりました。

 以下の写真が、豊頃町役場の風景です。
 雪は、それほど積もってはいません。画像では、温度は把握できませんが、結構寒いらしい。

 *************************************

 

120726現代に生きる尊徳思想

 投稿者:取徳万象  投稿日:2012年 7月26日(木)06時37分2秒
返信・引用
   尊徳思想は実践を最終目的としている。

 そのため、現在において、実践をしなければ、尊徳が嫌った「坊主と学者」になる危険がある。

 こうした視点から、講演したものが、インターネットから発見されましたので、転載します。

************************
第35回全国報徳大会の記録から


<講演>『現在に生きている報徳精神』・三戸岡道夫

  http://www.k4.dion.ne.jp/~mikhome/htjk_taikaikiroku1.html#koen1

1.伊那食品工業 塚越寛さん

  現代の経営に報徳をどう活かすかエッセイ集の企画があり、松下幸之助、ドラッガー、ケネディ、小泉純一郎など
  10人を選んで執筆した。その原稿が上がった頃にマネジメント研究会で伊那食品の塚越氏を紹介してもらった。

  塚越氏の会社の目的は、社員を幸福にすることにある。利益はその手段である。
  これを聞いて非常に興味を持ち、急きょ塚越氏のことをこのエッセイに追加することにした。

  塚越氏は、会社を永続きさせること、売上目標は無しの経営を目指しているが、社員からの要望でさすがに売り上げ
  目標無しにはできないので、『前年を下回らない』ことを経営目標としている。

  20年前にカンテンパパが大ヒットし、あるスーパーから業務提携の話があったがキャンセルした。
  提携すれば一時は売り上げは伸びるが永続きしない。機械を増設したり、人を採用したりしたあと、5,10年経ち
  ブームも去ると、機械は廃棄すればいいが、人はクビを切らなければならなくなる。そういうことはできない。

  売上を伸ばすためにどうしているか?
  全社員の1割の人員を研究にあて研究室を充実している。いろいろな寒天を商品化し売れる商品で売上を伸ばして
  いる。寒天で落ちない口紅もつくったりしている。

  株式市場への上場圧力のあったが、塚越氏は50~100億もいらないし、上場すると株主圧力もあり100%経営に
  注力できなくなるとして、上場をしていない。

  塚越氏の経営は、現代をリードする報徳精神といえる。

2.海外の二宮金次郎といえる モハメド・ユンス氏(バングラディッシュ)

  ユンス氏は、バングラディッシュでグラミン銀行をつくりソーシャルビジネスを実践している。
   *経済学者、2006年ノーベル平和賞

  故郷バングラディシュで大飢饉が起こったとき、国の為にできることないかと帰国した。
  この時の状況は、金次郎が桜町へ行った時の状況と良く似ている。

  当時バングラでは、1ドルで竹かごを編んで生計を立てている人々が、資金を借りるときに2ドルで売るという条件で
  貸し付けを受けてていた。銀行家はこれを4ドルで売って儲けていた。
  42人が27ドルを借りて、借金を返せない状況となっていた。

  ユンスは、27ドル貸して高利貸しに返し清算させて借金から解放した。
  このときに担保なしで、五条講を作った。現在、200万人の人たちが借りている。

   *五条講:講とは、江戸時代一般の人たちが零細な資金を持ち寄り一人に貸し与え事業資金にするものだった。
    尊徳が示した五条は、金の貸し借りに対し人間が守るべき五カ条を示した。
        もので、信・仁・義・礼・智からなる。
         信ー金銭の積み立てと賃借の約束を守ること。
         仁ー資金の余裕ある人が囚窮者の為に出資すること。
         義ー借りた人は確実に返済すること。
         礼ー仁をなす人は奢り昂ぶらないこと。
         智ー借りた人は返済を工夫して、講仲間の便利をはかること。

  また、ヨーグルトを子どもに食べさせたいと、安く作ることを考え会社をつくった。

  これは慈善事業ではないので、単に与えるだけでは自尊心の満足になり、かつ自立心も無くなってしまう。
  どんな人も10~20%は人を助けたい心があるはず。その部分をソーシャルビジネスにあてるべきである。
   配当の無い会社も立派な会社である。たとえば、きれいな水を作る会社、靴を作り会社などなど。

  日本は全体に豊か過ぎるからこんな考えの入る余地がない。
  金次郎の教えは、農民に蓄積され、自分には残らなかった。
  これは、21世紀の世界経済の思想といえるのではないか。未来の地球を救う思想です。

*************

講演風景

 

120722「市長の寸感千字」の記事 ,国際二宮尊徳思想学会メンバー訪問

 投稿者:取徳万象  投稿日:2012年 7月22日(日)22時33分17秒
返信・引用
   榛村 純一市長の「市長の寸感千字」の中、2003年5月15日の記事で、将来は観光にウェイトを置け、ということと、国際二宮尊徳思想学会メンバーが来たことに触れています。

 これらは、言葉の遊びでなく、動きを叙述しているわけで、実践行動が今の世に刻印として残されています。こうした、足跡といった刻印の残ることでなければ、尊徳思想の目指すところではない、と考えることもできます。


 ともかく、記事を掲載します。

 trace  trace  trace  trace
 

120716二宮尊徳思想実践の模範資料

 投稿者:取徳万象  投稿日:2012年 7月17日(火)00時20分50秒
返信・引用
   二宮尊徳思想は、実践で評価される。それまでの学習、現場へ接近しての改善提案しても、それで終わらない。それらは実践のための準備段階としてとらえられるにすぎない。

 実践さえあれば、学習も、改善提案もいらない、とさえいえる。

 そうした尊徳思想のとらえ方から見て、もっともいい実践記録、実践データが、掲載されている本を発見した。

それは、報徳思想で市政を30年近く推進した、榛村 純一市長の「市長の寸感千字」という本である。

ここに、実際に行う時に現れる尊徳思想の現実化の表現が一杯ちりばめれれている。

 以下の写真は、その本の表紙である。

  realism  realism  realism  realism

 

120607 TV放映、急きょ延期

 投稿者:取徳万象  投稿日:2012年 6月 7日(木)12時22分5秒
返信・引用
  以下のような連絡が入りました。申し訳ありません。

******************

各位、

来週以降に放映延期とのことです。
「東電殺人事件再審」があったためです。

塩沢

> > ---------------------------
> > 塩沢 昌
> > 東京大学農学生命科学研究科
> > 生物・環境工学専攻
> > 農地環境工学研究室
> > TEL:03-5841-5343  FAX:03-5841-8169
> > asho@mail.ecc.u-tokyo.ac.jp


 

120606テレビ、見てください

 投稿者:取徳万象  投稿日:2012年 6月 6日(水)21時12分37秒
返信・引用
   今日はお願いです。
--------
 明日、6月7日(木)、NHKテレビの「クローズアップ現代」19:30~19:56に、東大・農地研究室も関係した放射能汚染が放映されます。

 これは6月6日に放送されるとか、いろいろと予定が決まりませんで、昨日やっと決定。NHKの放送時間の裏方を見る思いがしました。それはともかくとして、時間があれば見てください。

 なお、この農地研究室は、10年くらい前に、私が通っていた研究室なのです。

 ************************
“里山”汚染メカニズムを解明せよ
~福島農業 2年目の模索~
 ************************

出演者 小山 良太 さん(福島大学准教授)
ジャンル 社会問題? 災害? 環境?

原発事故から2度目の田植えを迎えた福島。この春、農家たちが特に不安を抱いていたのは、周囲の山林から水田に入り込む水による汚染。水による汚染は防ぎようがないと、今年の稲作りを断念した集落も出る一方、山から水田へ放射性物質が入るのを防ごうと、自力で模索を続ける農家たちもいる。こうした中、今、東大や新潟大学など多くの研究者たちが、去年春には問題ないとされたにも関わらず秋になって高い汚染が発見された農地とその稲を徹底的に調査。里山の自然の中で、放射性物質がどう動き、どう稲に吸収されたのかというメカニズムを解明しようとしている。農家たちを翻弄する汚染の原因は何なのか。どう対処したらいいのか。汚染と向き合う農家と研究者たちの模索から考えていく。

(1)福島の農地
(2)農地研究室の現教授

mechanism  mechanism  mechanism  mechanism

 

二宮金次郎を巡る女性たち その17

 投稿者:取徳万象  投稿日:2012年 1月31日(火)21時57分39秒
返信・引用
    今市在住の安西悠子さんが、「二宮金次郎を巡る女性たち」について、調べられたものが、「月刊・いまいち一円会」通信に掲載されています。

  これを一円会通信を手にする人以外にも読んでいただきたく、スキャンいたしました。
この掲示板にアップロードしてみます。(安西さんには、容認していただきました)

 

レンタル掲示板
/4